気を付けて!電子マネーの天国と地獄

電子マネーから現金への両替はできない

電子マネーは大変便利なものです。サイン不要で、現金を持ち歩くことなく買い物ができます。しかし、いいことばかりではなく、いくつかの落とし穴も存在しているので注意しなければなりません。まず、必ず覚えておかなければならないのは、一度、現金から電子マネーに換えたら、その反対はできないということです。したがって、もし三万円分の電子マネーを購入した場合、その電子マネーが使えるところで三万円を使い切らなければなりません。少し使って、もう、電子マネーで買いたいものはないとなったとしても、現金に戻すことはできないのです。
そのため、チャージする場合は必ず使い切れる額だけにしましょう。クレジットカードでチャージする場合は、金額の入力間違いに要注意です。1000円だけチャージしたかったのに10000円チャージしてしまったということになると、使い切るのが大変かもしれません。

電子マネーをチャージしたカードを紛失しても補償がない

電子マネーはプラスティックのカードにチャージするシステムになっているものがほとんどですが、カードを落としてしまった場合、基本的に補償はないと考えなければなりません。クレジットカードであれば勝手に使われても、不正利用分はカード会社で特定され、免責されるのが普通ですが、電子マネーは持ち主の情報がカードに記録されていないことが多く、不正利用を防いだり、検知する手立てがありません。誰のカードがいつどこで使われたのかという記録が残らないためです。そのため、補償のしようがないというわけです。
そのため、指紋認証やパスワード認証などのロックをかけられるスマートフォンのアプリに電子マネーをチャージした方がいいでしょう。

たくさんある電子マネーを比較して、一番自分のライフスタイルに合った電子マネーをメインに使うことで、お得にポイントを貯めることができます。

© Copyright Settlement E-money. All Rights Reserved.